留学当初は英語力がちょっと心配ですよね。

留学を希望する人が一番心配するのが英語力です。
初めての多言語の英語が苦手なのは当たり前です。
考えてみてください、日本に来た外国人は、みんな日本語が上手ですか? だから、あなたも海外ではその外国人であり、英語を上手に話せなくて、当たり前なのです。
片言の英語でちぐはぐな文章であっても、決して恐れずに、勇気を持って積極的に話しかけましょう。

日本人はとにかくシャイで、たとえ海外でも体面を気にしますが、間違った文法や単語でも、失敗を恐れず、自分から話し掛ける事に意味が有るのです。
もし、ホームステイでの留学であれば、単に留学費用を安く抑えるため、とだけ考えず、日常生活の英語をマスターする、教室外の場所でもあるのです。

英語が話せないと部屋に閉じこもって居ると、ホストファミリーは、家族が嫌いなのだろうか、と勘違いし、 気まずいカルチャーギャップ が生じてしまいます。
ギクシャクしてしまうと、ホームステイ事態が失敗になります。 短い会話から、懸命聴いている内に、 単語が必ず一つ二つ、とわかって来るものです。
片言やジェスチャーで話しかていれば、ホストファミリーと必ず通じ合えます。 英語力の有無でホームステイでの問題になったことはありません。
トラブルの原因は、ホストファミリーへの身勝手な態度、 ルールを守らないなどの行動が引き金となっています。

トラブルにならないので、現状を活用し、英語を学びましょう。