ツイッターで英語学習できるんですよね。

ツイッターを活用した英語勉強法というものがあります。
なにしろ無料で世界中の誰とでもプライバシーが守られている方法です。
実際に側に外人がいなくてもこの方法なら、つぶやきを通して会話することが出来ます。

この学習方法の長所は、英語が苦手でも外人と交流できるということです。
ツイッターはチャットや電話と違ってタイムラグがあっても許されます。
また、生の英語、つまり教科書じゃなく、実際に使われている英語に触れながら、英会話ができるので、その力は上達します。 また、共通の話題で気が合う友達通しでできるので、楽しみながら勉強出来ます。

しかしもちろん短所が存在します。
TOEICなどの資格対策にはなりません。
日本でもありますが、若者言葉や、間違った文法が頻繁に載せられているので、そのまま使ったらダメだったということも多いでしょう。
また、効率は楽しさに比例します。
同じ話題で盛り上がれるなら、楽しいと感じ、さらに頑張ろうと思えますが、いざ、話の会う人ではなかったり、そもそも話題がなければ 話は進まず、学習にもなりません。

つまりは、気持ちの入れ具合で成果が左右されます。
友達つくりなども目的の1つにすれば、効率が上がるかもしれませんね。