聞くばかりだとちょっとまずいかも、です。

英語にかぎらず、他の知らない言葉を学びたいならまずは「聞くこと」がスタートです。
そこで英語が耳に馴染んだら、今度は「実際に話してみる」ことを重視しましょう。

まず行うべきは、用意された文章を音読することです。

その際、実際の外人が離す音声があれば、自分の声と合わせられるので、より効率が良くなります。
そのとき、できれば自分のペースではなく、CDなどの話すスピードに合わせましょう。 最初は難しいかもしれませんが、これは口を英語に慣らす作業です。 たとえ頭で理解できてもそれを行動に移すことは重要です。
これは英語に関したことではないですね。

俳優さんでも、何度も何度も音読することでセリフを覚えるだけでなく、内容をかみくだけた、ということがあるそうです。
実際に行動する、つまり話すことで、さらに理解を深められるのです。

それができたら、実際に相手がいることを想定して話をしてみましょう。 イメトレとよく言いますが、会話においてもそれは有効です。 日本語ではすぐ出てくることでも、意外とわからない言い回しや、単語が出てきます。 そのたびに調べることで、スムーズな会話を出来るようになります。

それができたら、英語を話せる人と会話してみましょう!
自分のシュミレーション通りにできれば、それは理想と現実が一歩近づいたということです!