語学学習においてリスニングってかなり重要ですよね。

英語にかぎらず、外国語を学ぶ際に重要となるのは、聞くことなんですよね。
まず、聞くトレーニングとしては、基本は、たくさん、何度も、それこそ飽きるまで。

そしてさらに飽きてからも、それでも「聞きづける事」が基本となっています。
まずは耳を慣らすことが外国語を学ぶ第一歩なのです。

よく、通学や通勤でながら勉強できる、CDやらアプリやら通販で買える英語教材などがあります。
しかし、それをただかけっぱなしにしたところで、英語力向上はあまり期待できません。

よく聞く英語学習のコツのひとつに「英語を聞いた後にその日本語訳が流れるから、意味がわかる! というものがあります。

しかし、人間は自分の耳に馴染んだものを記憶していくので、最初に流れる英語は忘れて、そのあとの日本語しか覚えておらず、日本語のフレーズの記憶からさかのぼって このフレーズの英語が流れていた!という変な学習をしてしまうのです。

それならば、先に文章で日本語を見て、英語のフレーズを何度も聞くほうが効果があるといえます。

また、同じタイミングで口ずさむ、シャドイーングを行うとより効果的でしょう。
シャドーイングは外出中や移動中には人の目が気になってやりにくいという点はありますが、英語学習でこれほど効果のある学習法はないと思います。
聞くことばかりでは、自分がいざ話そうとしてもなかなか直結できない場合があります。
実際に口を動かすことが本当に大切です。

このサイトでイチオシで紹介しているリスニングパワーなどのリスニング教材を何度も何度も繰り返し聞くことで、耳を外国語に慣らしつつ、自分でも発音して、英語の音を体にしみこませることを意識するとよいと思います。