ネイティブに通じる英語のコツ

英語を学習していると意外に忘れがちなのが「ストレス」です。
単語や文章で強く発音すべき部分をきちんと強く発音する、ということです。
単語の場合、音節が二つ以上ある場合は必ずストレスがあります。

また、文章でもこの単語の並びの場合はこの単語を発音する、というものがあります。
これは文章の中で大切な部分を他の部分よりも少し強く発音する、というものです。
慣れてくれば文章の流れでどこにストレスを置くべきかが自然にわかってくると思います。

一方、単語の中でどこにストレスを置くべきかというのは、単語ごとに決まっています。
単語を調べながら辞書で確認してひとつひとつ体で覚えていくしかありません。
このストレス、実に重要なのですが、文章できちんとストレスを加えて発音するだけで、ネイティブに通じやすくなるのです。英語のリズムがにネイティブの発音と合ってくるのだと思います。 これまでストレスのことをあまり意識してこなかったという人も多いと思いますが、これからは少しストレスのことを意識しながら英語を学ぶと良いと思います。