リーディングもあなどれません。

リスニング力を鍛えようとするとひたすら英語のテープを聞いたり、シャドーイングをしたりすると思います。
それはそれで大切なことなんですが、リスニングを鍛えようと思ったら、実は、リーディングの仕方もちょっと工夫が必要なんです。

英語ができる人やネイティブの人がやっている英文の読み方って、英語を単語レベルではなく、フレーズの固まりごとに理解するようにしているんです。
これは、日本語でも速読法ってありますけど、あの速読法と一緒です。英語をぱっとみて、フレーズの塊をみて、意味を理解する。
英語を読むというよりは、塊ごとに意味を推し量るというか、ぱっと見て意味をつかむという感覚です。

リーディングでこの「一目で文章の塊の意味を理解する」読み方ができるようになると、英文を聞いても、塊ごとに意味を理解するこごとができるようになります。 つまり、多少の単語を聞き逃しても、相手の言いたいことが理解できるようになるんです。

「言葉を文章の塊づつ理解する」って、日本語では自然にやっていることだと思います。これから英文を読むときにちょっと意識してみてください。