発音がなぜ重要か?ひも解いてみました。

中学校一年生の一学期の英語の授業で徹底的に発音だけを指導することにしたら、日本の英語教育は間違いなく劇的に向上すると思います。<br/>
もちろん中学一年生なので耳から覚えるだけでなく、論理的に発音を理解して発声する練習も必要ですが。

発音をマスターする効果は3つあります。

1.単語や例文などの暗記のスピードが上がる
2.リスニング力が向上する
3.リーディング力も向上する

つまり発音をマスターすることで、英語学習のあらゆる側面によい影響があるのです。

なぜか?

キレイに発音できるようになると、単語や例分の暗記やリーディングの時にきれいな音が頭の中で響いてきます。
一方発音が悪い人の頭の中は当然ながらカタカナ英語の音。

この差は暗記のスピードとリーディング力の向上の早さの違いとなって現れます。

もちろんネイティブと同様の発音に達するのはなかなか大変ですし、ある程度時間もかかります。
ただ、日本語にはない英語特有の音をマスターすることで、英語学習の効率はかなり高まると思います。

耳からだけでは発音を習得できない

「聞くだけでペラペラに!」

たまにこんな広告を目にします。結論から言えば、聞くだけでペラペラになるのは、かなり難しいと思います。

大人になると、耳の感覚が固まってくるので、度聞き分けられる音というものがある程度固まってきます。
その結果、母国語にない音はなかなか聞き分けられないのです。

しかし、大人には子供に圧倒的に勝る論理的理解力というものがあります。

要は理屈で学ぶということです。
論理的に発音を習び、体得していくことが可能なのです。

つまり、ネイティブが発音する時の口の形を見て、鏡を使って自分で真似をしつつ、舌の位置をいろいろ
動かしながら音を出し、一番正しい音の出し方を学んでいくのです。
繰り返し練習して口の筋肉を正しい音が発せられるように練習するのです。
いままで日本語で使ったことのない筋肉を使うので当然疲れますよね。
ただ、逆に言えば、疲れないということは日本語の発音の範囲を出ていないということなので、あまり意味がないともいえます。

そうはいっても「発音の時の舌の動きを解説した教材なんて持ってません」という人も多いと思います。
そういう人は、リスニング教材を聞きながら、同じように発音する練習を繰り返すといいと思います。
私もリスニング教材をいろいろ探して見つけたのが、リスニングパワーでした。

リスニングパワーはその名の通り、リスニング力を徹底的に鍛える教材です。
日本人には聞き取りにくい子音の音までちゃんと聞き取れるようになるようプログラムが組んであるので、上達が早い気がします。
興味がある方は、使用体験記をまとめてますので参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
ビックリマークリスニングパワー実際に四ヶ月ほど使ってみました。赤裸々にレポートしています。