リスニングパワーの「メチャメチャ良い評判」、私も疑問に思いました。

これまでにヒアリングマラソンやスーパーエルマー、エブリデイイングリッシュ、そしてスピードラーニングなど様々な英語教材を使ってきましたが、

英語や英会話に自信がない人
どうしても英語が聞き取れない人
映画を字幕なしで理解したい人


に一番にお勧めできるのが、リスニングパワーでした。
「ヒアリングするだけで英語バイリンガルになれる」という広告コピーも大げさではないと思いますよ。

ダウンリスニングパワーの効果の秘密や詳細はこちらからどうぞ。ダウン

英会話教材


リスニングパワーの評価ですが、リスニングパワーにどっぷり集中して4ヶ月取り組んだ結果、

自分でも驚くぐらい英会話力がついた

気がします。

4ヶ月の学習時間は、往復の通勤電車と駅から家までの帰り道で一日40分ぐらいなので、
「私のリスニングパワーの使い方」がよかったのかもしれません。

ただ、リスニングパワーには弱点もあって、リスニングパワーでは英文法は学べません。
まあ、基本的な英文法に不安がある人は、別のテキストで学べばいいと思います。

リスニングパワーは、以下のような方には自信をもってお勧めできる教材です。

ひらめき電球・ビジネスも含めて基本的な英会話に困らないようになりたい英語初心者の方

ひらめき電球・英語力/TOEICが伸び悩んでいる中級者の方

ひらめき電球・リーディングはそれなりにできるがリスニングが全くだめな方


以前の私はこの三っつとも当てはまりましたね(笑

英会話教材

以下では、

●私が4ヶ月にわたりリスニングパワーでどのように勉強したのか?
●その結果、どのように英会話力がついたのか?

を詳しく書いていこうと思います。
リスニングパワーの購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。


実は、ヒアリングマラソンもスピードラーニングも使ってました。

サービス業の会社には新卒で入社して10年がたちました。
今は新規ビジネス開発の部署にいます。

英語はいずれ必要になるだろうと思ってたので、学生時代から就職後三年ぐらいまではそれなりに勉強していました。入社直後は英語のプレゼンとかもやりましたね。

でも、英語を使う機会はあまり増えず、
英語から遠ざかって早10年ぐらい。最近は仕事ではほとんど英語は使っていませんでした。

という状況で、ある日突然、海外スタッフとの交渉が多いチームに加わることになってしまったんです!!

短期間で英語を身につけなくてはならない状況

になり、ちょっと焦りました。

英会話教材

  電話にメールにテレビ会議。すべて英語です。
しかも相手は、アメリカ人、イギリス人、フランス人、中国人と多国籍です。

チーム加わった最初の一ヶ月は本当につらかったですね。
会議で他の人が何を言っているのかわからない状況なんですもん(笑

ということで、いろいろな英語教材を検討して、迷った挙句購入したのが

リスニングパワー

でした。
実はこれまでにたくさんの英語教材を使って英語を勉強してきました。

大学時代から就職後数年の間に、買った教材は、

ゲームの達人
ヒアリングマラソン
スーパーエルマー
スピードラーニング
タイムマラソン

エブリデイイングリッシュ

などです。

ヒアリングマラソン


スーパーエルマー




これらの「名立たる英語教材」を使っても、英会話ができるレベルにはなれませんでした・・・。

でも、これは、教材が悪いということではないんです。

私がリスニングパワーを選んだ理由

過去にいろいろな英語教材を使っても英語力があまり伸びなかった理由は二つあります。

一つは単純な話しですが、

どの教材も「続けられなかった」

ということ。

語学って、繰り返し繰り返し、それこそ聞き取れるようになるまで聞けば、
当たり前ですが、必ず聞き取れるようになれると思うんです。

英語は文章の冒頭や単語同士のつながりの部分が「脱落する」ことが多く、それが英語を聞き取れない原因の一つになっている
と思います。

アメリカ人やイギリス人のネイティブのナチュラルスピードの英語なんて、「発音が欠落しまくり」ですよね?
それでも、同じ文章を例えば100回繰り返して聞けば、 大抵のフレーズは聞き取れるようになると思うんです。
いろいろな教材を使っても私の英語力が伸びなかった理由の一つが、

一つの教材に根気強く取り組めなかった、繰り返し聞くことができなかった

ということです。

英会話教材

学生時代や入社後の若い頃は何かと誘惑も多く、短時間の英語の勉強すらままならない感じでした。
また、iPodなんてまだなかったので、ウォークマンも結構大きくて持ち運びが面倒でした。
まあ、ただの言い訳ですね(笑



そしてもうひとつの理由が、実は、これが英語を学習する日本人の9割以上が陥ることだと 思いますが、

英語の正しい発音の仕方を学習していなかったから

です。これはどんな言語も一緒ですが、正しく発音できない言葉って、ちゃんと聞き取れないと思うんです。
逆にいうと、聞き取れる単語は発音できないわけがない、ということ。
これまでいろいろな英語教材を使ってきて思うことは、 英会話の教材選びで大切なポイントは、

英語の聞き取り方と英語の発音の仕方を同時に学べる教材を選ぶ

ということだと思います。
ということで、今回、いままで使ったことがある英語教材も含めて いろいろな教材を比較検討したポイントは、

英語を正しく聞き取れるようになるか?
英語を正しく発音できるようになるか? 


です。

この二点を重視していた英会話教材が、リスニングパワーだったのです。



最終的にリスニングパワーに決めるまでにかなり悩んだのが、

・昔少しだけ使ってやめてしまったスーパーエルマーをやり直す?
・簡単に英会話ができるようになりそうなエブリデイイングリッシュフレーズを使ってみる?

でした。

スーパーエルマーの「売り」は、「英語を聞いた順に理解できるようになる」ということ。
エブリデイイングリッシュフレーズは「よく使うフレーズを耳で聞いて、口に出して身につける」

ということ。でも、上にも書きましたが、英語をみにつけるために必要なことは、

英語を正しく聞き取り、正しく発音できるようになること

だと確信していたので、最終的にリスニングパワーを購入しました。

ひらめき電球英会話の基本となるリスニング力をネイティブレベルにまで一気にひきあげてくれるリスニングパワー、詳細はこちらからどうぞ。

リスニングパワーは特典の「二つの英会話教材」がスゴいです。

リスニングパワーが良かったのは、キャペーン期間中ということで価格が1万5千円と他の英語教材に比べて割安なこと。
さらに、教材を開発したスコット先生に直接メールで質問や相談ができるのも魅力でした。

それと、これはリスニングパワーを購入したあとにわかったのですが、

特典としてもらえる二つの英会話教材がかなり良かった

のです。

英会話教材

リスニングパワーを聞き始めてから一ヶ月は、基本的にリスニングパワー中心に学習していましたが、
二ヶ月目ぐらいから、かなり英語がききとれるようになってきた段階で、特典としてもらえる

・スコット先生の英会話live
・レベッカ先生のエブリディ英会話


を聞き始めました。
この二つの教材は、リスニングパワー本編を使って「英語の耳」がある程度できた後で

ナチュラルスピードの英会話の聞き取り練習ができる教材

なんです。 日常のよくあるシチュエーションでのフレーズばかりがでてくるので、
「英会話の型」をみにつける上でとっても役に立ちました。

リスニングパワーの効果的な学習法「集中して聞く×同じように発音」

購入手続き後、数日後にリスニングパワーが届きました。

英会話教材 リスニングパワー

<1〜3週目>

箱を開けて説明書に目を通し、テキストをざっと読んで、CD1を聞き始めてびっくりしました。

聴力検査のようなピーとかブーとかの音が入っているのです!!

他の教材でこんな音をきいたことがなかったのでかなり戸惑いました。


これは日本語は周波数がかなり異なるし英語を聞き取れるようにするトレーニングだそうです。
英語の母音や子音をいろいろな背景音の中で聞き取る練習をするのです。
あとあとこの聴力検査のような音の聞き取り練習が、効果を発揮してきます。

このCD1を

・通勤の往復で15分×2回
・帰りの駅から家まで歩く10分

の計40分、二週間毎日聞き続けました。

これとは別に、帰宅後少し時間があるときは、15分ぐらいCBS、CNN、NHKなどの英語ニュースを見るようにしました。
CD1を聞きはじめて1週間ぐらいの時だったと思いますが、CNNをきいていて
「あ、この単語、ききとれている」

という感覚が持てることがありました。

その単語は、「 avoid (避ける)」だったんですが、avoid って 最初の「a」の発音がすごい弱いんですよね。普通にきくと「ボイド」としか聞こえません。
以前だったら「ボイド??」ってなってしまい、その瞬間に文章理解が止まってしまったと思います。

ただ、今回はCD1でやった母音・子音の聞き取り・発音トレーニングの甲斐があったようで、
「(ア)ボイド」とちゃんと聞き取ることができました。

かすかに発音される(ア)の音が聞き取れたんです!!

CD1での学習が三週目に入ると、英語ニュースをきいていても「聞き取れてるな」と実感」できる回数が増えていきました。

ちょっと感動しましたね

CD1は三週間繰り返しききました。結果的には、これが結構よかったと思います。


<4〜6週目>

そして、四週間目からCD2でナチュラルスピードの英語をききはじめました。
かなり早いなーという感じはしましたが、テキストにある通り、

聞き取り&シャドーイングをひたすら続けました。

英会話教材

聞き取れない場合は、その文章だけを何度もきいて同じように発音する練習をひたすら続けてました。

学習時間はCD1と同じです。
往復の通勤電車で計30分。駅から家までの帰り道で歩きながらのシャドーイングを10分の計40分。


一回当たりの学習時間が10分〜15分と短いので、集中して取り組めましたね。

CD2を聞き始めてから三週間ぐらいで、ほぼすべての文章をシャドーイングできるようになりました。

この頃になるとテレビのニュース英語はかなり聞き取れるようになってました。


<7〜9週目>

リスニングパワーの学習を開始してから二ヶ月弱たったぐらいからこんどは、
特典の教材で聞き取り&シャドーイングをしました。

まずは、「スコット先生の英会話live」です。
これはかなり早いのですが、これを集中して二週間聞き続けました。

そして、次に、「レベッカ先生のエブリディ英会話」。

ここまでくると、「レベッカ先生のエブリディ英会話」は聞き取りやすく感じると思います。

この教材は、
日常会話の型を身につける、つまり、スピーキングの基本パターンを覚えるつもりで聞きました。

そして、引き続き家ではCNNやCBSのニュースを見るようにしました。これを三週間ぐらい続けました。


<10〜15週目>

リスニングパワーで学習を始めてから三ヶ月ぐらいがたちましたが、この頃になると英語が自然に聞きとれるようになっていることが実感できました。

あとは、会社の会議でひたすら英会話を実践 しました。

それでも、フランス人の英語が本当に聞き取れなくて、フランス人には暫くの間
「Beg your Pardon?」(もう一度いってください。)を連発していました(笑

そうこうするうちに四ヶ月がたち、気が付いたら仕事での英会話もそれなりにこなせるようになっていました。
そうはいっても、わからない単語があったときはすぐに電子辞書をひく感じですが。

英会話教材

冒頭にも少し触れましたが、リスニングパワーの教材では、

・基本的な文法力
・ちょっと高度な単語力
は手薄です。

結果的に、私はいまでも英文メールを書くことがやや苦手です。

但しこれは、TOEIC向けのテキストを一冊こなすことである程度の基本がみにつけられます。 気になる方は、それぞれ書店で簡単なテキストを購入してみてください。

以上が私が体験したリスニングパワーの効果的な活用方法ですが、
私が常に意識したことは、

リスニングパワーの教材をひたすら聞き、シャドーイングできるまで何回も繰り返し聞いた

ということだけです。それだけで、

少なくとも半年あれば見違えるぐらい英会話が上達できる

のです。リスニングパワーは、英語に苦手意識を持つ方、英語のリスニングが苦手という方に自信をもってお勧めできる教材だと思います。

ダウン聞くだけでリスニング力と発音力が一気に高まるリスニングパワー。詳細はこちらです。ダウン

リスニング教材

リスニングパワーは通常2万6千円しますが、まだキャンペーン価格で買えると思いますので興味がある方はこちらで詳細を確認してみてください。
リスニングパワーでのTOEIC点数アップ事例もたくさん紹介されてました。